トップ  |  モルディブ基本情報  |  リゾート・ツアー選びのポイント

リゾート・ツアー選びのポイント

リゾート選びのポイント

日本人、または日本語を話すスタッフがいるリゾート

言葉の心配をせずに旅行を楽しみたい、何かあった時の為に近くにいてくれると心強い、と思うのが日本人ゲストリレーション。希望のリゾートに日本人スタッフがいるかどうかお問い合わせ時に確認をお願いします。

こじんまりした静かなリゾート・アクティビティが充実している大型リゾート

モルディブは1000以上の大小異なる島々からなる国。リゾートの規模も島の大きさ同様に様々です。
のんびり休暇を楽しみたい、豊富なエクスカーションを楽しみたい、といった滞在中の過ごし方でリゾートを探すのも一つの選択肢です。

オールインクルーシブや全食事付きがあるリゾート

リゾートによってはプランに含まれるのが朝食のみの場合があります。 朝食のみの場合は昼食や夕食をアラカルトで自由に選ぶことができます。一方、旅行先での費用が心配な方は、予め食事代が含まれているリゾートがお勧めです。オールインクルーシブは、メインレストラン以外の食事ができたり食事以外のサービスが含まれていたりと、リゾートによってサービスは様々です。

カップルにオススメなリゾート・ファミリーにオススメなリゾート

カップルやハネムーンには独立型のコテージ、客室の間隔が広い、テラスやバルコニーから他の部屋が見えない、などプライバシーが保たれるのリゾートがオススメ。
一方ファミリーやグループにはキッズクラブの併設や子供向けプログラムが充実しているリゾートがオススメ。

水上ヴィラがあるリゾート・部屋から海に降りられる階段があるリゾート

モルディブのリゾートをイメージしてまず思い浮かぶのが水上ヴィラでしょうか。
最近は施設が豪華なリゾートが主流になってきたので水上ヴィラのあるリゾートは多いですが、中には昔ながらのビーチヴィラだけの素朴なリゾートもまだあります。

ゴージャスなリゾート

折角のモルディブ旅行、日常を忘れて優雅な気分を存分に味わいたい方も多いはず。
施設が豪華なだけでなく、客室ごとに専用のバトラー(執事)がつくリゾートもあります。

広いビーチがある/ない・またはハウスリーフにドロップオフがあり魚が豊富

その島の地形や周囲の潮流によって、リゾートのビーチが広くて遠浅だったり、 ハウスリーフが急に深くなるドロップオフだったり。シュノーケリングを重視している方には大事な選択肢です。

ジンベイシュノーケリング・マンタシュノーケリングができるリゾート

ジンベイザメは一般的にアリ環礁が有名で、マンタはバア環礁が有名ですが、 シュノーケリングツアーの開催時期や回数はリゾートによって異なります。

ツアー選びのポイント

発着地、飛行機を選ぶ

現在で、スリランカ航空・シンガポール航空・キャセイ航空・エミレーツ航空・エティハド航空・大韓航空・マレーシア航空が日本‐マーレ間を運航しています。
しかし、運航日が限られていたり、成田空港からの出発しかできない航空会社もあります。
また経由地滞在も楽しみたい方は、ニーズに合った航空会社を選ぶことが大事です。

旅行日数に合わせて滞在する環礁を選ぶ

夜にマーレ到着してそのまま送迎ボートでリゾートまで移動できるのは、南北マーレ環礁のリゾートです(一部リゾートを除く)。
これら以外のリゾートは、基本的にマーレ周辺ホテルで1泊して翌朝国内線や水上飛行機で移動します。短い旅行日程でマーレから遠い環礁を選ぶと、リゾート滞在日数が短くなってしまいますのでご注意ください。

予算や特典で選ぶ

数多くあるリゾート。同じような施設、サービスでもグレードは様々。
またリゾート毎に期間限定のキャンペーンや、当社限定のキャンペーン『We特典』を出していることがありますので要チェックです。

リゾート情報

おすすめリゾート&ツアー
リゾート別料金一覧
リゾートを検索して選ぶ
リゾート選びのポイント
リゾートの基礎知識
リゾートの食事プラン

ダイビング情報

ダイビングの基本知識
ダイビングポイント
ダイブサファリ

ハネムーン情報

ハネムーン情報
ウェディング情報
モルディブウェディング人気の理由

モルディブ情報

モルディブ基本情報
モルディブで出来ること
なんでもランキング
モルディブへの行き方
空港からリゾートへの行き方

モルディブプラス

満喫プラン in SriLanka
シンガポール滞在プラン
ドバイお楽しみプラン
ローカル島滞在プラン

その他

よくある質問
WEが選ばれる理由

PAGE TOP