トップ  |  モルディブリゾートの基礎知識

モルディブリゾートの基礎知識

行く

出発同日に行けるリゾートは限られる

日本からのフライトは基本的に夜到着しますが、エアタクシーと呼ばれる水上飛行機は夜間の運行をしていません。ボートで行ける距離にある南北マーレ環礁のリゾートや国内線を利用する環礁にあるリゾートへは、その日の内にチェックインできるのですが、その他の離れた環礁の場合はエアタクシーを利用するため、マーレや空港ホテルに宿泊し、翌日フライトが出来る時間になるのを待つ必要があります。

ドーニは遅いが船内は広々

モルディブでの交通手段はボートか水上飛行機。一般的なのはボートですが、これも近代的なスピードボートと伝統的なドーニに分かれます。空港・リゾート間の移動に使われるのはスピードボートが多いようですが、ダイビングにはドーニを使うところがほとんどです。広々して使いやすいドーニは、スピードボートに比べると遅く、1/3ほどのスピードしか出ません。スピードボートで10分のところを30分かかります。

食べる

ビュッフェとセットメニュー。オールインクルーシブプランは人気。

メインレストランでの食事は、ビュッフェかセットメニュー(いくつかあらかじめ決まったメニューから選ぶもの)かのどちらか。朝はビュッフェ、ランチ・ディナー時にはセットメニューと、朝昼晩で変わる場合もあります。セットメニューはシェフの腕の見せ所。またビュッフェも、イタリアン、モルディビアンなど、テーマを日替わりで変えて楽しませてくれるところが増えています。食材、料理法もよくなったモルディブでのお食事を楽しんでください。
滞在中の全ての食事が料金に含まれているプランを「オールインクルーシブ」と言います。現地で支払うことが少なくなることもあり、人気のプランです。

メインレストランって?

どんなに小規模なリゾートでもかならずあるのがレストラン。大規模なリゾートになると4つも5つもレストランのあるものもあります。複数ある場合はメインレストランというのがあり、パッケージツアーを利用の際には、こちらでお食事となります。中華やイタリアンなど、メインレストラン以外を利用の場合には、追加料金が必要となります。リゾートによってはメインレストランを利用しない場合、事前にウエイターに伝えておけばアラカルトレストランで割引を受けられるところもあります。また通常のリゾートでは滞在中に使うテーブルは同じなのがモルディブ流でしたが、最近高級リゾートでは毎回好きな席(カヌフラ、バンヤンツリーなど)に座れるところもあります。

飲み水は有料です。

飲料水にはミネラルウオーターをボトルで購入するのが一般的。リゾートによっては客室にサービスで置いてあるところも多くなってきています。メインダイニングならウエイターに頼むとボトルをキープしてくれることもあり、飲み残しは部屋に持って帰っても問題ありません。

泊まる

室内の基本

リゾートやカテゴリーによって異なる場合もありますが、客室の基本装備は次のようなものです。エアコン、天井のファン、冷蔵庫、ミニバー、TV、電話、ライティングデスク、クローゼット、セイフティボックス、温水シャワー(屋外にシャワーが付いたオープンエアシャワー、バスタブのあるところも多い)、ヘアドライヤー、各種タオル、ビーチタオル。

客室のタイプ

大雑把に分けると陸上と水上の2種類ですが、室内の広さや装備で、それぞれの中で分かれるところもあります。(同じリゾートなら、カテゴリーが違っても備品などはあまり変わらない場合が多いようです)。ウォーターバンガロー、水上コテージ、ビーチバンガロー、ビーチビラなど名称も多様です。一般的に料金は陸上よりも水上が高く、タイプでいうと高い順にスイート、ジュニアスイート、デラックス、スタンダードとなります。

歯ブラシは持参を

室内に置かれるアメニティグッズはリゾートによりかなり異なります。スタンダードクラスのリゾートであれば石鹸、シャンプー&コンディショナーであったり、ハイクラスリゾートでは陶器製のボトルに入ったシャンプーやボディローション、バスフォームや、持ち帰り可能なポーチのなかに日焼け止め、リップクリームまで揃っている場合もあります。(各リゾートの詳細をご覧ください)。

コンセントのタイプ

室内のコンセントのタイプはBFタイプという3ピンのものが多いですが、リゾートによっては、すべての国のコンセントに合うマルチプラグを装着していたり、希望すれば貸してくれるところもあります。ちなみに電圧は220~240V 50HZですから、日本でお使いの電気器具を使用する際には変圧プラグの他に変圧器が必要となります。(コンピュータや充電器の一部はそのまま使えるものもあります。それぞれの機器をご確認ください)。

グループ用の部屋

エキストラベッドを入れても対応できない人数での利用の際に便利なのが、コネクティングルーム2室で1棟の建物で、ドアを開けることで2室をつなげて使えるものです。グループでの利用や家族旅行の際には、このタイプが便利です。

小さいお子さまがいる場合

多くのリゾートのターゲットはカップルとハネムーナーですが、小さなお子さんがいても対応してくれるところもあります。子供用のプールや滑り台、ブランコなどの遊び場、そしてベビーシッターをかかえるリゾートもあります。各リゾートの詳細をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせください。

遊ぶ

各種オプショナルツアー

モルディブのリゾートにはエクスカーションというオプショナルツアーが各種用意されています。代表的なものにマーレ観光、無人島へのスノーケリング、アイランドホッピング、ゲームフィッシング、ナイトフィッシング、サンセットクルーズなどがあります。これらは無料のアクティビティとは異なり、有料となります。申し込み方法は、レセプションにある申し込み用紙に名前とへ番号を記入します。最小催行人数が決められているものが多く、人数が集まらないと催行されない場合もあります。

無料でできる遊び

有料のエクスカーションとは異なり、無料でできるアクティビティもあります。代表的なものは卓球。無料のカラオケが使えるリゾートもあります。またアクティビティでもウインドサーフィンなどのマリンスポーツ、ビリヤード、テニスなど料金がかかるものもあります。各リゾートの詳細をご覧ください。

リゾートでの催し物

週に数回、それぞれのリゾートでは夜に娯楽イベント開催されます。会場となるのはメインバーで、代表的なものにライブバンドの演奏、ディスコ、モルディビアンダンスショー、クラブレース(カニを使ったレース)など。滞在するゲストに楽しんでもらうためのもので、こちらはすべて無料となります。

ダイビングの申し込み

ダイビングサービス(ダイビングスクール、ダイビングセンターとも呼ばれます)には常にスタッフがいるわけではありません。スタッフがいる営業時間は午前のダイビング出発時間(8時半から9時頃)前後、午前11時頃、午後の出発時間(2時半から3時頃)、そして夕方に限られます。到着翌日からダイビングをする場合には、午前のダイビング出発前にサービスで申し込みを。なお、チェックダイビングを午前11時頃から実施しているサービスが多いです。

スパをチェック!

最近モルディブのリゾートがこぞって導入しているのがスパ。本場バリでトレーニングを受けたエステシャンが、フェイシャル、フルボディマッサージ、リフレクソロジーなどで身も心もすっかりリフレッシュしてくれることでしょう。カップルには2人同時に受けられる個室を用意するリゾートも。またショップではアロマオイルやアロマキャンドル、リラクゼーションミュージックCDなど、グッズも販売しています。

通信する

国際電話

ほとんどのリゾートの客室には国際直通電話(IDDテレフォン)が装備されて、ダイヤル直通で国際電話をかけることが可能です。料金はリゾートによって異なりますが、最初の3分間で20US$程度かかり、以降は分単位でチャージされます。

ネット環境

客室にLAN回線を整えたリゾート島が増えてきているほか、無料で無線LANを利用できるパブリックエリアを利用しているリゾートもあるので、パソコンを持ち込むゲストも増えた。
インターネットコーナーがある部屋も(日本語を読み込めても入力できないところが多い)。利用するのに料金がかかるリゾートもあるので、滞在時にインターネットの利用を考えている方は要確認。

払う

チェックアウト

リゾート滞在の最終日にドリンク代、エクスカーション代など精算します。ドル、トラベラーズチェック、クレジットカードが使えます。基本的にチェックアウトはお昼ですが、夕方のフライトの場合にはフロントに荷物を預かってもらえたり、リゾートによってはシャワーを使えるところもあります。なおフライト出発時間やチェックアウトするゲストの数に合わせ、送迎ボートやエアタクシーの出発時間は変わります。前日にメモで連絡が入る場合や、レセプションそばのボードに張り出されることもあります。

チップの目安

モルディブではチップを渡すのが習慣として定着しています。額はあくまでも気持ち次第ですが、目安としては以下の通りです。もちろん気に入らない場合には渡す必要はありませんし、良いサービスを受けたと感じた場合には、多めにわたして感謝の気持ちを。
● レストランウエイター、ダイビングガイド=1日につき1ドルを最終日に。
● ポーター=重い荷物1つにつき1ドル
●ベッドメイク=1日1ドル

モルディブでの決まり

やってはいけないこと

開放的なリゾートアイランドではありますが、環境保護や文化の違いなどから、禁止されていることがあります。
× リゾートからの釣り
× トップレスやヌードになる
× 海の中の珊瑚や海の生き物を動かしたり、持ち帰る
× ビーチや海にゴミを捨てる

マーレからリゾート島へのアクセス

水上飛行機で移動する

水上飛行機で移動するホテルへ滞在する方は、空港から約10分ほどのところにあるホテルへ。すぐにチェックインができるので、早めにリラックスできるのがうれしい。
翌日に水上飛行機にてリゾートへ出発。めったに乗ることのできない水上飛行機と、上空からの美しい景観を堪能。
●水上飛行機で移動
バァ環礁、ラア環礁、ラスドゥ環礁、ヌーヌ環礁、アリ環礁、ヴァーヴ環礁、ファーフ環礁、ミーム環礁、ダール環礁、ラヴィヤニ環礁

スピードボートや国内線で移動する

スピードボートで移動するのは南北マーレ環礁にあるリゾートへ滞在する方。所要時間は場所にもよりるが約15~45分程度。中にはエアコンがきいているキャビン付きのものもあり、快適。
国内線で移動する場合は1~1.5時間+船または車移動。1日目からリゾートホテルへ到着できるため、朝起きた瞬間からリゾートライフを楽しめる。
●船で移動
南マーレ環礁、北マーレ環礁
●国内線+船で移動
ハーアリフ環礁、ガーフ環礁、アッドゥ環礁、ラーム環礁、アリ環礁(南エリア)

リゾート滞在中の流れ

チェックイン~客室へ
レセプションで宿泊者カードに必要事項を記入。その際に身分証明とデポジット用にクレジットカードの提示を求められるので用意しておこう。
水上飛行機や国内線の待ち時間に手続きを済ませるリゾートもある。
客室
客室に入ったら、照明や水、備品などを確認。早い段階でチェックして不具合が合ったらレセプションへ連絡しておこう。
また、ひと段落したら島を一度ぐるっと歩いて散策してみよう。レストランやスパ、ダイビングセンターなど、あらかじめ場所が分かっていると便利。
滞在中
マリンスポーツやスパ、食事、ドリンクなどは、その都度支払わなくても部屋番号と名前、サインをすればOK。 最終日にまとめて清算できる。 滞在中にお財布を持ち歩かなくていいので楽々。清算時には請求書を綿密にチェック。身に覚えのない支払項目があったら、きちんと伝えよう。
出発時間
チェックアウトの時間は前夜までに部屋に案内が届く。ポーターが荷物をピックアップする時間、部屋を出る時間などが書かれている。
出発時間まで
出発が夕方でチェックアウトが午前中の場合、出発時間まで部屋を使わせてくれるリゾートもあれば、延長料金やデイユース(日中利用)で使える場合も。トランジットルームなどと呼ばれる建物や部屋を用意しているところもあり、シャワーやトイレ、リビングなどが完備。

リゾート情報

おすすめリゾート&ツアー
リゾート別料金一覧
リゾートを検索して選ぶ
リゾート選びのポイント
リゾートの基礎知識
リゾートの食事プラン

ダイビング情報

ダイビングの基本知識
ダイビングポイント
ダイブサファリ

ハネムーン情報

ハネムーン情報
ウェディング情報
モルディブウェディング人気の理由

モルディブ情報

モルディブ基本情報
モルディブで出来ること
なんでもランキング
モルディブへの行き方
空港からリゾートへの行き方

モルディブプラス

満喫プラン in SriLanka
シンガポール滞在プラン
ドバイお楽しみプラン
ローカル島滞在プラン

その他

よくある質問
WEが選ばれる理由

PAGE TOP