トップ  |  モルディブで出来ること

モルディブで出来るスペシャル体験

モルディブだから出来ること、モルディブだからしたいこと。夢を叶えてくれる場所だからこそ、飛び切りの スペシャル体験を!

ウエディング/ハネムーン

近年、モルディブをウエディングやハネムーンの舞台とするカップルが急増中。美しく小さな南の島での贅沢な時間を大切な人と……女性なら誰もが憧れるシチュエーションだろう。

モルディブ・ウェディングの魅力は「ゆとり」。1日に何組も式の予定が入っているような日本の挙式場とは異なり、お気に入りのリゾートに滞在しながら、自分たちだけの挙式が行われる。式前のスパやトリートメント、式後のディナーなどがパッケージに含まれているのもうれしいところ。

また、ハネムーンもリゾートごとに特典がついており、特別な思い出となること間違いなし!

スノーケリング

ハウスリーフ(サンゴ礁)の美しさがモルディブリゾートの醍醐味と言っても過言ではない。ビーチや部屋から海へ入ったその瞬間から、キラキラとした水中にカラフルな魚たちが群れる景観が広がる。

ただ海に入るだけでも十分楽しめるのだが、スノーケリングセットを身に着けてス海へ入ればさらに行動範囲と視界が広がり、楽しさ倍増、感動ひとしお。

スノーケリングセットを無料で貸し出してくれるリゾートも最近では増えてきているので、ぜひチャレンジを。
初めての方は、スノーケリングツアーなどに参加すると安心。

ダイビング

もっともっと水中世界を堪能したい! 
そんな方には体験ダイビングがオススメ。水の中で呼吸できるだけでビックリなのに、目の前を魚たちが横切っていく空間はまさに異次元世界。

しかも屈指のダイバーズ天国であるモルディブ。運が良ければ体験ダイビングで大物と呼ばれる生物に出会えるかも!?すでにダイバーの方はダイビングツアーを申し込めば、各リゾートからボートで行けるポイントで潜ることが可能。

リゾートからでも魚影やマンタなどの大物を狙うこともでき、贅沢なリゾートライフと大興奮のダイビングが両方楽しめる最強プラン。せっかくのモルディブ。ダイビングをしない手はない!

ダイブサファリ

ジンベエザメ、マンタ、ハンマーヘッドシャーク…… 
モルディブの海の魅力を余すことなく体感したい!そんなダイバーには、船に泊まり、海の上でダイビング三昧の生活を送るダイブサファリへ!

湖畔のように穏やかな、モルディブの海から顔を出す太陽と共に目覚め、海中では、大物たちと遭遇、夜はカクテルワインを傾け、昼間見た海の余韻に浸りながら一日の幕を閉じる生活。

世界トップクラスの豪華客船で送るこのひとときは、一生忘れることのない体験になることだろう。

サファリにはまる理由

  • 1.とにかく贅沢!
    最高の船、最高の海、最高の食事が一度に楽しめる
  • 2.大物三冠の魅力!
    ジンベエ、マンタ、ハンマーヘッドが全て見られる驚異の海
  • 3.カウンターバー!
    極上のカクテルでダイビングの余韻に浸る事が出来るラグジュアリー空間
  • 4.日本人スタッフ!
    現地の海を熟知したベテランガイドが優しく日本人ゲストをエスコート

リゾートのゴミ問題

美しい海と贅沢なリゾートが迎えてくれるモルディブ。でもそんな美しい風景の裏で、モルディブが直面しているのがゴミ処理の問題。

モルディブには、ゴミを集める“ゴミの島”があるが(写真左下)、設備に乏しく、ほとんどのゴミがいっしょくたに野焼きされている。

意識の高いリゾートでは、廃材を利用してリゾートを造ったり(写真左上)、生ゴミをたい肥化して島内の畑に利用したり(写真左中)と、ゴミを減らす活動を行っている。

しかし、そんな中でも一番多いのが、観光客が自国から持ち込むゴミだという。モルディブの美しい自然を次世代に引き継ぐために、ゴミを出さない、出てしまったゴミは持ち帰るように心掛けたい。

環境への取り組み Environmental Efforts


Photo by Four Seasons Hotels & Resorts and Hikaru Arasawa

美しい自然に恵まれたモルディブでは、リゾート単位で環境に対するさまざまな取り組みを行なっている。

観光客が実際に体験できるプログラムもあり、中でも注目されているのが、サンゴの植樹。ダメージを受けたサンゴを植樹し、魚たちが集まる豊かなサンゴ礁を形成することが目的だ。

フォーシーズンズ・リゾートで行なわれている「リーフスケイパー」というプログラムでは、植樹用のサンゴを購入し、自分のサンゴとしてリーフに植樹できる。

6カ月ごとにリポートが届くほか、再びリゾートに訪れた際、
自分のサンゴがどれほど成長したか見ることができる。

サンゴ礁という自然環境の一片を、身を持って知ることができる。

ローカルフード Local Food

せっかくモルディブに来たら、その土地ならではのローカルフードを食べてみたいと思うはず。手軽に楽しめるのは、ヘディカと総称されるお茶請け。

ツナやココナッツフレークなどを使用したピリ辛の揚げ物が多く、日本人の口にもよくあう。マーレなどローカルアイランドの至るところにある、ホッタと呼ばれる大衆食堂で楽しめる。

また、ガルディアと呼ばれる魚のスープも日本人に人気(写真右上)。ちょうどお吸い物のようで、好みでタマネギやライムを絞っていただく。

また、モルディブのご家庭では、たっぷりチリを擦り込んで炭火で焼いた魚が人気。機会があったらぜひ、これらのモルディブ料理を楽しんでみたい。

リゾート情報

おすすめリゾート&ツアー
リゾート別料金一覧
リゾートを検索して選ぶ
リゾート選びのポイント
リゾートの基礎知識
リゾートの食事プラン

ダイビング情報

ダイビングの基本知識
ダイビングポイント
ダイブサファリ

ハネムーン情報

ハネムーン情報
ウェディング情報
モルディブウェディング人気の理由

モルディブ情報

モルディブ基本情報
モルディブで出来ること
なんでもランキング
モルディブへの行き方
空港からリゾートへの行き方

モルディブプラス

満喫プラン in SriLanka
シンガポール滞在プラン
ドバイお楽しみプラン
ローカル島滞在プラン

その他

よくある質問
WEが選ばれる理由

PAGE TOP