トップ  |  ダイビングポイント  |  北マーレ環礁

北マーレ環礁

より取りみどりのポイントの数とバリエーション、
空港からのアクセスの良さなど、他を寄せつけない老舗環礁!

NORTH MALE ATOLL

近年、新しい環礁が次々にオープンしているが、モルディブで最も古くからリゾートとして知られているのが北マーレ環礁。古くから潜られているため、海のデータが多く、ポイントも多い。
アクセス面では国際空港があることで、各リゾートは日本出発同日に到着できるのが強みだ。

リピーターの中には、いろいろ新しい環礁へ行ってみて、北マーレに戻ってくる人も少なくないというウワサも。 つまりそれだけ充実している、ということかもしれない。

  ポイント名 地形の
ジャンル
レベル 大物
遭遇度
地形の
迫力度
流れ
注意度
その他
1 ヘレンゲリティラ 中級 4 4 4  
2 マディガア 砂地 初級 2 1 1  
3 フィンガーリーフ 中級 4 3 4  
4 シャークスリーピング 中級 4 3 3  
5 クダファル チャネル 中級 5 4 -  
6 マディバルベル チャネル 初級 4 3 2  
7 ボドゥヒティティラ チャネル 中級 4 3 5 乾期
マンタ
8 ヘンバドゥハウスリーフ ハウスリーフ 初級 3 2 2  
9 バナナリーフ 中級 3 3 4  
10 パラダイスロック 中級 4 3 4  
11 バラクーダギリ 中級 4 3 4  
12 ポテトリーフ 初級 3 2 2  
13 ランカンリーフ チャネル 初級 4 2 3 雨期
マンタ
14 レインボウギリ 上級 4 4 5  
15 ライオンズヘッド チャネル 初級 3 4 2  
16 フラナノース チャネル 上級 5 4 5 雨期
マンタ
17 フラナサウス チャネル 上級 5 3 5 雨期
マンタ
18 ギラバルケーブ アウターリーフ 初級 3 5 2  
19 キキリーフ アウターリーフ 初級 3 5 3  
20 ビクトリーレック チャネル 上級 2 4 5  
21 マギリイースト 初級 3 3 2  
22 マギリケーブ 初級 2 4 3  
23 サンライトティラ 初級 4 3 1 雨期
マンタ
24 バンドスハウスリーフ ハウスリーフ 初級 3 1 2  

ダイビングポイント詳細情報

ボドゥヒティ ティラ

環礁北西部にあるティラ(根)の南側がジグザグ状のリーフウォールで、大小いろいろなケーブがあるポイント。乾期は高い確率でマンタが狙えます。水底にはホワイトチップやマダラエイが見られ、運がいいと砂地とリーフの境目にレオパードシャークが寝ていることもあります。

ランカン リーフ

環礁東南部にあるパラダイスアイランドのアウターリーフ。急斜面ではないがドロップオフが続き、コーナーに近づくに従い壁は急斜面になるポイント。コーナーにはたくさんのオーバーハングがあり、雨期はマンタがクリーニングにやってくるマンタポイント。カメがたくさん見られ、流れによってはクマザサやウメイロも群れや、それを追って大物がやって来ることもあります。

フラナノース

環礁の南東部にある外洋側はドロップオフ、チャネル内には根があり水深15~22mにオーバーハングが多数あるポイント。チャンネルでの大物待ちがメインでソフトコーラルのきれいなリーフでは雨期にはマンタがよく出ることもあります。またクマザサハナムロやウメイロモドキの大群、イソマグロ、ホワイトチップもよく見られます。

サンライト ティラ

環礁の中央部東にあるポイント。細長い根と砂地にはドラキュラゴビー等が多数見られます。根に沿ってマンタのクリーニングステーションがあり、雨期(特に6~8月)にはマンタがやってくる確率が高いです。

キキ リーフ

環礁南端のワドゥーチャネル沿いにあり、リーフが湾状に窪んだオーバーハングとドロップオフ沿いに流れに乗ってくる大物が魅了的なポイント。サンゴの保存状態も比較的良く、流れも緩やかなことが多いため、まったりとしたダイビングができます。

ビクトリーレック

マーレと空港の間にあるチャネルに位置するポイント。チャネルの海底に1981年に沈んだ貨物船が横たわり、甲板部分でも水深22~24mと深いので、減圧が出ないように注意が必要。船内に入ることもでき、時にギンガメアジ、ロウニンアジ、バラクーダが出ることもあります。

バナナ リーフ

礁南東部にある比較的細長く大きな根。水深16mには大きなオーバーハング。メインの根少し離れたところに根が点在しているポイント。潮が直接当たるため、流れが速く、その分魚影を楽しめる。ナポレオン、クマザサハナムロ、ムレハタタテダイの群れなど。オーバーハング内にはヨスジフエダイの大群も見られます。

ライオンズヘッド

北マーレ環礁と南マーレ環礁を分けるチャネルに面しています。3~6mの浅いトップリーフからのドロップオフでオーバーハングが多く、名前の由来となっているケーブでの地形が楽しめます。

オコベ ティラ

環礁南東部にある3つの根から構成されるポイント。最も小さい根は直径10mで、大きいほうは50m程度の長さ。それぞれの根には、急勾配なリーフやオーバーハングなどがあります。魚影が濃く、イソマグロやロウニンアジなどの大型回遊魚も見られます。離れ根にはムレハタタテダイやブラックピラミッドバタフライの群れがいて、ナポレオンも根ついています。

ナシモ ティラ

環礁南東部にある楕円形をした隠れ根で、根のトップは10~15m。水深15~20mの間には長いオーバーハングやケーブや北東側にはいくつもの離れ根があり、トップは18mぐらいで外側は急勾配におちています。ソフトコーラルが生き生きと茂っていて景観が楽しめ、他にも魚影が濃くクマザサハナムロの群れにカスミアジ、ロウニンアジのハンティングも見られることも多いです。

HP リーフ

環礁南東部にある直径100mぐらいの壮観なリーフで構成されたポイント。リーフの南西側は岩場やケーブ、クレパスで形成、北西側はリーフから分かれた大きな根や幅の狭い砂地のチャネルやリーフ、ケーブもあります。潮が当たるところにはギンガメアジの群れやマダラタルミの群れが集まり、マダラトビエイもホバリングしていることが多いです。潮が早いことがよくあり、ドリフトも楽しめます。

バック ファル

環礁南東部にある6~10mのトップリーフがあるポイント。20mぐらいまでのスロープ後も外洋に向けて緩いスロープが広がっている。マダラトビエイが見られることもあり、タイマイ、アオウミガメなどのカメが多いです。またリーフトップではパウダーブルーサージョンフィッシュの群れが食事していてパウダー玉が見られることもあります。

マーギリロック

環礁南東部にあるチェックダイブによく使われるポイント。水深25~30mぐらいに直径約20mの隠れ根や南側の砂地が切れたところにコーラルブロックのスロープが広がっています。ヨスジフエダイの群れや砂地にはガーデンイールやハゼ類なども豊富です。潮が当たるところにはムレハタタテダイの乱舞も見られます。

ポテト リーフ

環礁南東部の水深7mの砂地に1周30~40分で回れる根があるポイント。砂地にはモルディブ固有のトールフィンゴビー、ドラキュラパートナーゴビー、ファンシュリンプゴビー、インド洋固有のオーロラパートナーゴビーやブラックパートナーゴビーなどいろいろな種類のハゼが見られるマクロ派にはお勧めのポイントです。

オールドシャークポイント

水深7mの砂地に1周30~40分で回れる根。環礁南部にあるポイント。リーフトップは5~10mで20~25mまで急勾配のスロープ後の外洋側はドロップオフになっています。カスミアジやイソマグロなどの外洋性の魚もみられ、浅瀬にはクマノミが多く1つのイソギンチャクに40匹のクマノミがついていることもあります。

リゾート情報

おすすめリゾート&ツアー
リゾート別料金一覧
リゾートを検索して選ぶ
リゾート選びのポイント
リゾートの基礎知識
リゾートの食事プラン

ダイビング情報

ダイビングの基本知識
ダイビングポイント
ダイブサファリ

ハネムーン情報

ハネムーン情報
ウェディング情報
モルディブウェディング人気の理由

モルディブ情報

モルディブ基本情報
モルディブで出来ること
なんでもランキング
モルディブへの行き方
空港からリゾートへの行き方

モルディブプラス

満喫プラン in SriLanka
シンガポール滞在プラン
ドバイお楽しみプラン
ローカル島滞在プラン

その他

よくある質問
WEが選ばれる理由

PAGE TOP