その魅力溢れるモルディブの「いいポイント」だけをクルーズ船にステイしながら潜る、という方法がダイブサファリ。
豪華な客船に乗り食事や水面休息を取っている間に次のポイントへ移動。
リゾートステイでは時間的に潜りきれなかったポイントを次々に潜ることができる、ダイビング好きにはたまらない方法なのです。

モルディブには約 26 もの環礁があり、古くからダイバーに親しまれている北マーレ環礁、北マーレに次ぐ老舗でアクセスがいい南マーレ、リゾートが豊富なアリ環礁…などキャラクターも様々。
その中でもジンベエザメやマンタ、時にはカジキやイルカなど大物遭遇率が高く、手つかずの海が残されているのが、赤道直下にある世界最大級の環礁「ガーフ環礁」。

ガーフ環礁はその広大な面積ゆえリゾートステイでは目玉となるポイントを同時に楽しむことが難く、ダイブサファリでのダイビングがピッタリ。
特に 12 月~ 4 月にかけての乾季は、ガラス面のようなベタ凪の海にさわやかな風が吹き抜ける絶好のシーズン。クルーズ船の数も限られているので海中がダイバーで混みあう、なんてことも皆無。 まさに極上のダイビングが楽しめるのです。

一日中船に乗っている、と聞くと船酔いに弱い方やリゾートステイを好む方などは敬遠するかも知れません。
しかし海況は非常に穏やかなシーズン。大きく揺れることは皆無。また客船には全室シャワー・トイレ、エアコン付。
バスルームも広々しているので非常に快適。全 10 室の小さなリゾートがそのまま海上を移動しているかの空間が味わえます。

もちろん、携帯電話、船舶無線、船内で WIFI が可能。日本と連絡を取ることも常時できます。
乗船ガイドには日本人スタッフも常駐。フィリピン・リロアンでマクロもワイドも案内してきた乗船 5 年目の的場充弘が完全エスコート。リクエストにもしっかり答えてくれるので英語に不安を覚える方でも安心。

★今年も催行決定!!ガーフトリップ限定4航海!★

★ 2月20日 : 南下コース(復路はガーフからマーレまで国内線利用)
★ 2月27日 : ガーフ&アッドゥ満喫コース(マーレ⇔ガーフ間//アッドゥ⇔マーレは国内線利用)
★ 3月05日 : アッドゥ&ガーフ満喫コース(マーレ⇔ガーフ間//アッドゥ⇔マーレは国内線利用)
★ 3月12日 : 北上コース(往路はマーレからガーフまで国内線利用)

どのコースもサンゴ、大物とも存分に堪能することができます。こちらのブログでご覧になれます。

PAGE TOP